商品詳細

※図柄上に当店ロゴが薄く重なっている場合がございますが、実際の商品にロゴはございません。


【この"はんこ"に込めた思い】

この「才須学也(さいすべからくがくなり)」は諸葛孔明が誡子書(かいししょ)という書物に残した一節です。
私はこの一節に出会った時に強い衝撃を受けました。
それはまさに私が少年時代に常々悩んでいた疑問に対する答えだったからです。

こうした言葉を出来るだけ早い時期により多くの子供達に伝えたい。
そんな想いでこの”はんこ”を製作致しました。

もしもご縁あってこの"はんこ"を使っていただく機会がございましたら、是非とも子供達に学問とは何か?何の為に自分は今勉強しているのか?という事を考える時間を与えてあげてくださいませんでしょうか?
また、悩んでる子がいたら、それとなく助言を与えてあげてくださいませんでしょうか。

この"はんこ"がこうしたことを考えるキッカケになり、私のように悩ましい少年時代を送る子供が一人でも減れば、こんなに嬉しい事はありません。

田丸

※ もしも上記にご興味をお持ちいただけましたら、以下に詳細版を記載しておりますので、ご一読いただけますと嬉しく思います。

商品コード:時代物-91
商品名:才須学也
サイズ: 縦32mm×横32mm×奥行27mm(印面の厚さ含む)
価格:842円




【この"はんこ"に込めた思い(詳細版)】

この言葉は諸葛孔明が誡子書(かいししょ)という書物に残した一節です。

全文は
夫君子之行、静以修身、倹以養徳。
非澹泊無以明志、非寧静無以致遠。
夫学須静也、才須学也
非学無以広才、非志無以成学。
滔慢則不能励精、険躁則不能治性。
年与時馳、意与日去、遂成枯落、多不接世。
悲窮盧守、将復何及。

意味は
「優れた人は静をもって身を修め、検(つつましさ)をもって徳を養う。
無欲でなければ志は立たず、穏やかでなければ道は遠い。
学問は静から、才能は学から生まれる
学ぶことで才能は開花する。
志がなければ学問の完成はない。」
解釈の幅はもう少しあるとは思いますが、概ねこうした意味になろうかと思います。

これは孔明が息子に記したもので、後に「寧静致遠」という四文字熟語になった部分などからも鑑みますとこの書自体は「学」ひいては「才」において「静」というものがいかに大切かという点を息子に伝えるといった位置付けの書なのだと思います。


私はこの書に出会った時に強い衝撃を受けました。書といいましても、実は全体の意味よりも赤字の「才須学也」という一節が特に深く心に刺さりました。
それはまさに私が少年時代に常々悩んでいた疑問に対する答えだったからです。

・・・
当時、私は学問(学業)をする意味や意義について、得心する説明を受けぬまま毎日勉学しておりました。
こうした日々は当初好きだったはずの勉学をどんどん楽しくない時間に変え、とても辛く、困難なものにしていきました。
なぜ、自分は興味のある分野の学習時間を奪われ、興味のない学問をさせられないといけないのか?
という疑問が解消されず、大きなストレスを抱え込んでいたように思います。

学問とは「活用なき学問は、無学に等しい」という福沢諭吉の言葉の通り、 使うために学ぶものだと思います。
しかしながら、先天的に才能や興味がある分野の学問だけをして生きていけば良いという事ではありません。 私はここで躓いておりました。

「将来使わない学問をする時間など心底勿体ない!!」と思って過ごしていたのです。

しかし実際にはその逆で、 広く学問を進めその学問がどのような社会的な意味を持っているかの理解を深めることは、後天的に未知の才能や興味が発見される事、異なる分野の学問を組み合わすことでさらに先天的な才能を磨くことができる事、はたまた学ぶことで根底的に自身が求めていないことを知れるなど、自分を「知り」「養う」意味において非常に有益なものである事を理解していませんでした。

学問とは自身の様々な可能性を広げてくれるもの。
故に少年時代にはまずは広く学び、学びを通して自分自身を見つめる目や思考を養い、自らの道を定めていく。さらにその後も広く見識を深める事でその道筋を広く明るく照らしてくれるのだという事をこの誡子書から学びました。( 特にこれからの時代は定めた道を三叉路、四叉路にしたり、はたまた徒歩から電気自動車に乗り替えたりといった柔軟な思考がさらに求められるのだと思います)

そのおかげで今では私も学問の本質らしきものにようやく気付き、興味の薄い分野も自ら進んで学び、学んだことを自分の活動に活かす、この一連のプロセスが心底楽しいと思うようになりました。 一見興味のなかった分野の学問が、自分のフィールドで役立った時や、物事を思考する際に今まで自分になかった角度で物事が考えられるようになった時などは、とても嬉しく大きな充足感を感じる瞬間です。

こうした感動が先にあることを出来るだけ早い時期により多くの子供達に伝えたい。
(もしも、タイムマシンがあるなら、あの頃の自分にも伝えてあげたいです)
そんな想いでこの”はんこ”を造りました。

もしもご縁あってこの"はんこ"を使っていただく機会がございましたら、是非とも子供達に学問とは何か?何の為に自分が勉強しているのか?という事を考える時間を与えてあげてくださいませんでしょうか。また、悩んでる子がいたら、それとなく助言を与えてあげてくださいませんでしょうか。

この"はんこ"がこうしたことを考えるキッカケになり、私のように悩ましい少年時代を送る子供が一人でも減れば、こんなに嬉しい事はありません。

田丸

納期 送料について


←「ひとことシリーズ 時代物」一覧に戻る

←京うふふトップへ

ページトップへ