よくあるご質問

◆印鑑の種類について教えて下さい
→それぞれ使用用途によって異なります。
○実印
[主な使用用途]契約書、不動産取引き、遺産相続、自動車登録 など

市区町村役場に届け出し、受理された(印鑑登録)印鑑です。この印鑑は個人にとって最も重要な印鑑で、押した印は法律上・社会上の権利・義務の発生を伴います。 そのため、実印は唯一性を守る目的から、銀行印、認印など他の印鑑との併用などは避けてください。
なお、印鑑登録できる印鑑には一定の制限がございますが、お住まいの地域によって若干条件が 異なる場合がございますので、お住まいの市町村にて印鑑登録可能な印鑑をご確認の上、ご購入される事をおススメします。

○銀行印
[主な使用用途]口座開設 預金引出 小切手の発行 など

銀行印は、金融機関に口座を開設する際に届け出る印鑑のことを指します。
この銀行印と通帳があれば本人でなくても金銭を引出すことができてしまいます。そのため、盗難などに注意するとともに、 他の印鑑(特に安価な認印)との併用は避けましょう。安価な印鑑は機械で大量に生産していますので、同じ印影が世の中に溢れています。 これを銀行印に使ってしまいますと、例えば100円で販売されている印鑑と通帳で預金を引き出す事ができてしまいます。また、逆に認印は色々な場面で押す印鑑なので、銀行印と併用している場合、本来秘匿すべき銀行印の印影を、例えば配達物の受け取りの際に見ず知らずの配達人に渡してしまうという事になります。これを危険と感じられる方は併用はしないようにして下さい。

○認印
[主な使用用途]郵便物や宅配便(荷物)の受領、書類(申込書、申請書、伝票、稟議書、出勤簿等)の確認 など

一般に実印、銀行印以外の印鑑のことを指します。印鑑の中で最も使用頻度の高い印鑑だと思います。
最もよく使う場面としては、家庭では配達物の受け取り、○○の申し込み用紙への捺印でしょうか。
お仕事上では、社内稟議や出勤簿に押す方が多いかと思います。

○落款印
[主な使用用途]書、絵画、手紙などへの署名

芸術家の方々や趣味で書道や絵画などをされている方が、主に自身の作品に署名する目的で使用される印鑑です。
一言に落款印と言っても、さらに色々な種類が存在しますし、あくまでも芸術作品に押印するものですので、 それぞれの作品に適したサイズというものがございます。
したがって、例えば書道や陶芸の教室などに通われている 方はあらかじめ、先生にどの程度のサイズの落款が良いか聞かれてから、お店などでご購入されるのが良いと思います。

◆店舗へはどうやって行けばよいですか?
→店舗ごとに以下に最寄駅や地図のご案内がございますので、ご確認いただけますでしょうか。
新京極店 寺町店


◆営業時間や定休日について教えてください。
→以下の通りです。
新京極店:10時00分〜20時00分(木曜定休)
寺町店:10時00分〜18時00分
その他、営業案内については、以下に店舗ごとの案内がございますので、ご確認いただけますようお願い申し上げます。
新京極店  寺町店


◆田丸印房の店舗以外で商品を購入することはできませんか?
→申し訳ございませんが、当店は他店への卸しを現在行っておりませんので、ご購入は当店店舗、または当ホームページからご購入いただきますよう、お願い申し上げます。
なお、ホームページからご購入いただける商品は全てではなく、一部の商品となります。
全ての商品をご覧になられたい場合には、恐れ入りますが京都の店舗までお越しいただきたく存じます。



ページトップへ